2011年7月27日

奄美シーカヤックマラソン

写真は京都より参加されてる森田さんご夫妻です。私が奄美に通い出して 11年目になりますが、初参加の時には、もう参加して見えたと思います。何回目の参加なのかは聞いてはいませんがそれ以上の参加だと思います。
前夜祭の席での写真ですが楽しそうに語って見えました。 お年は確か昨年で80歳を超えておられたと記憶しています。 毎年ファルトでの参加ですが80歳を超えての参加は頭が下がる思いと、果たして私はその歳までカヤックを続けられるのだろうかと、考え込みます。
偶然に前夜祭に参加されたのですが、来年も参加したいと言われた時には、同じ宿なのにどうして毎年、声を掛けなかったのか、悔やまれました。
森田さん、来年は真っ先に声かけますね。

2011年3月5日

チューリップ

昨年の11月、駐車場の花壇に深植えしておいたチューリップの球根が芽を出し始めた。
球根の数は確か100〜120個くらいか?もう忘れたが10センチ間隔くらいで順番に芽を出している。 咲くのは4月の中旬くらいだろうか、初めてなのでよく解らん? 花も咲いているものを買ってきて眺めるのも、育てて咲いたものを眺めるのも花そのものは同じように美しいのだが、育てたものにはそれなりの思い入れもありより美しく心が癒される。
野菜もそうだ、作ったものは美味しさに喜びが加わりその味はどんな高級な野菜にも勝る。

チューリップの成長を眺める毎日が楽しい。

2011年2月21日

春が近づき、猫さんもサカリの季節。
あちこちで ゲア〜オ、ガァ〜〜オと鳴き出しました。 鳴かれるのは構わないんですけどね、マーキングをされると臭くて臭くて、かないませんね。
って、事で再び猫対策の話です。粉洋がらしを撒くって話を以前に書いたのですが、サカッタ猫さんには効き目がありませんので、今回は強烈です。只これはこちらも帰り血を浴びるので、覚悟は要りますが。
それは仕事で使ってるコールタール(マンホールなどに塗る塗料)を猫さんの通り道にたっぷりと塗るのです。
結果を想像しただけでニヤッとしちゃいますけどね。 但し、猫さんが通った後 どの方向に逃げるかで、こちらにも被害を被るんですが…。
昨日早速仕込んで見物を決め込みました…(^^)。
大成功です、お休みなのでゆっくり日向ぼっこして見てるとノコノコとそして悠々といつも通りに人に庭先を横断しブロックにヒョイと乗った、途端に異変に気づいて一目散に逃げた。
その後もう一匹の猫さんも駐車場のブロックでトラップにハマってた。
少しだけ帰り血は浴びたけど、愉快な休日でしたよ。

2011年2月19日

買っちゃいました!

Ipadバカ(単行本)
最近甥っ子のTwitterでipadバカの話題がよく出てくる。 何の事か判らなかったが、内容からしてどうも単行本のようなので、”amazon”で調べてみた。
価格も手ごろなのと(¥1,300-)他にどんな使い方があるのか、興味もあったので早速に発注。 ちなみに私のipad利用法は
やっぱり1番は書籍をPDFに直して管理すること。 2番目は動画(映画)を取り込んで持ち歩く、You Tubeより取り込んだ歌を持ち歩く、あとは写真と音楽(ipod)。 仕事では、予定表をPCと同期させて使う、メールのチェック、連絡先とメモ帳ってとこです。
孫用には、”太鼓の達人”とか少しアプリも入れてますが。
パラパラとめくってみると面白そうなので暇つぶしに読んでみようかと。 (^^)

2011年2月17日

リベンジ

昨年の”日本マスターズ短水路大会”
安城会場は 個人メドレーで参加したのですが、タッチミス(平泳ぎ)で失格となりました。
一夜漬のバタフライでふらふらとなり背泳ぎまでは意識もあったのですが、平泳ぎの頃には意識もうろうとなり 両手タッチを忘れてしまう始末。
なんとかクロールを泳ぎ切り完泳こそしたものの、結果は失格、悔しい思いで会場を後にしました。
その後の練習でもバタフライが上手く出来ず、”もうクロール以外は泳がん!”と、諦めてその後はバタの練習はしてません。
それが今年の大会の案内を見せられた途端 ”リベンジじゃ!!”と粋がってしまう始末で…  反省。
申し込みまで3週間、大会まで70日。 今年も 参加します!
今年の私のレース参加予定は
4月10日 椿山カヌー大会
4月29日 マスターズ短水路(安城)
6月   琵琶湖シーカヤックレース
6月   松崎シーカヤックレース
7月   奄美シーカヤックレース
7月24日 南知多オープンウオータースイム
8月   長良川カヌー大会
9月   小豆島シーカヤック大会
 23~25日 レインボーカップ長水路(名古屋)
10月   三陸宮古シーカヤックレース
いろんなレースまとめて10本、松戸が参加済みで11本の予定です。

2011年2月14日

レーザーディスク

もう20年ほど前になると思うがLDを一生懸命に買いあさった時期があった。
LDも最近では観たり聴いたりしていた訳ではないのだが、大量にLD盤が有るものだから3年ほど前に安いプレイヤーを予備としてオークションで買って置いた。
今ではもうDVDが主流でLDプレイヤーを持ってる人さえ少なくなったのか、 Amazonあたりで調べてもプレイヤーは貴重とみえて定価で3〜4万のものが10万円を超えて売っている。
先日 何気なく観てみたくなったので好きだった歌手のLDをプレイヤーにかけてみた。
若き日のマドンナ、ファーストアルバムのマライヤキャリー、すでに引退したプリンスなどのLDは今見ても感動で、ついつい朝方まで見入ってしまうほどだった。
翌日は映画もと、いろいろ探してビートルジュースを観る事にした。
ストーリーは
”若くして交通事故で死んだ夫婦が自宅でゴーストとなって暮らすのだが 次の持ち主と騒動を起こすコメディータッチの映画”
20年前に観た記憶の中のビートルジュースは本当におかしくて、楽しい映画だったが
今改めて観てみるとあの当時の感動はなかった。
もちろん、おかしくて、楽しいのだが当時観たものは、もっと、もっと、おかしくてもっと楽しいかった記憶があるのだ。
もちろん見ている映像も音楽もダンスも一緒である。 変わったのは本人の想像力なのかもしれない、子供の頃の思い出がとてもすばらしく思い出されるのも、そうなのだろうか?

2011年2月1日

金魚

カメの金魚の数が減ってる!
どうも猫の仕業らしいので猫対策
以前は、見つけてエアガンで撃ってたのだが、人に見られるとバツが悪いのと効率が悪すぎた。
そこで新兵器!粉洋がらしの登場だ。これをカメの周りに撒いて猫を待つ。近づいた猫が洋がらしを踏んで、
 「おんや?なんだろう」と匂いを嗅ぐ。これが粉末なので鼻から吸い込んだ洋がらしに「おげぇ!」って退散するのだが、手足に付いた洋がらしを落ち着いた所で 猫の悲しい習性で舐める。
2段構えの猫対策である。(^^)
ただし欠点もあって風と雨には手の打ちようが無いのだ。

2011年01月31日

将棋

ここのところ、毎土曜日、決まったように小学3年生と保育園年中組の孫が泊りに来る。
昨日も特に予定も無いからそのまま日曜の夜まで遊びに付き合ったのだが、屋外は寒く風邪でも引かれると厄介なので、自宅に引きこもってだらだらと過ごす。
3年生の孫が将棋を挑んで来るのだが、ハンデがきつくなかなか勝たしてもらえない。昨日も飛車、角、桂馬2個、香車2個、抜きでやろうと言ってきた。
このハンデは、なかなかキツく結局接戦の末、負けた。 この孫 勝った、勝ったとあちこちで言いふらすので始末が悪い。 せめてどんなハンデで勝ったのか説明でもあれば納得するが、只、勝った、勝った爺さんに勝ったと言いふらす。 仕方なく来週はせめて桂馬1個くれと孫に頼む始末である。 
どうして孫に頭を下げにゃいかんのか情けなくなる。

2011年01月21日

野鳥のえさ台

倉庫の庭の木に野鳥のえさ台を作ってみた。 えさは庭に成っていた柿、無くなってからはリンゴを置いてある。
少し体長の大きいヒヨドリが寄り付くようになってからは、他の野鳥(名前は判らない)は、寄り付かなくなった。先日の大雪の日には2〜3羽で激しく喧嘩しながらリンゴを突っつきあって食べていた。
最近では慣れたのか余程近づかないと逃げなくなっていて可愛いものである。
そう言えば倉庫に住みついていたイタチを最近みないなぁ〜。

2011年01月20日

ナイフ

 12月に入ってから水周りのリホームを2件受注した。わが社ではリホーム物件は、ほとんど見積もりから職人の手配、施工の管理までなぜか私の仕事となる。 1件は和式トイレを洋式トイレに直すだけのリホームで、大体の段取りをつけておけば配管工→左官工→クロスに洋便器の取り付けと3日で終わってしまう仕事なのだが。
但し、もう1件が厄介でこちらは少し現場が遠く、お風呂と洗面所の大改修である。 お客には ”年明けでどうでしょうか?”と尋ねたのだが、客はどうせなら年内に済ませて新年を迎えたいとの意向。 もっともである、私が客でもそう言うだろう。 仕事の段取りは はつり工事に解体工事、基礎を打って配管工事、ユニットの据付から大工工事、サッシ取り付け、電気、クロス屋さんと続くのである。クロスまでこぎ着ければ洗面台の取り付け位が残る程度でやれやれなのだが、ここまで早くて1週間、仕上げまでは10日はかかる。自宅でドタバタされれば客のストレスも1週間が限界で、この頃からが現場管理の腕が試されるのである。
1週間が過ぎようとした頃に私のアウトドア派を知ったお客さんが  ”コレあげるよ”私の前に10本位のいろんなナイフを差し出してくれた。 全部新品であるから、”新品ばっかりですね”と、言うと”当たり前さ、コレクターだから”とニコニコしながらもう1箱のナイフも見せてくれた。
年齢は私より少し上で2年位前に定年を向かえ釣りを趣味とし悠々自適の生活をして見えるようだ。 嫌いでは無いので遠慮気味に7本を頂く事にした、嬉しかったのは勿論お客さんの気持ちである。
だからナイフは使わず部屋に飾って置くことにした。。
2011年01月13日
漕ぎ馬鹿チャレンジ
 早いものでもう4年目に入ろうとしている。 レースの成績が自主申告なので、なかなか全員の成績が 反映されないのと、申告する事さえ「えぇ〜、そうだったの!」って 知らない人さえいた。 今年は少し趣向を変えて”漕ぎ馬鹿チャレンジ”をしても良いのかなと 思う。

それにしても茨木さんが選んでくれている”チャンピオンカップ”は、 ずっしりと重くとっても良い! 手にしたら誰でも一度は欲しいと思うカップなので、誰にでも   チャンスが有るルールを考えてみようと……思っているのですが…。 どなたか何か名案が有ったら教えてください。

1月9日 もう 1レースこなしてしまった、何となく嬉しい。
2010年6月23日
庭の金魚
 2年前に屋台の金魚すくいですくった金魚4匹 駄金魚だから丈夫で未だに1匹も死なずに生き残っている その中の1匹、1年前位に気がついたのだが、背泳ぎしかしないのだ 、 以前 瓶の手入れで金魚を移動した時に気付いた もう弱って死ぬのかと、別の水槽に入れておいたが、なかなか死なない 3日経っても4日経っても 背泳ぎしてる 瓶に戻して1年以上経過してるが いつも背泳ぎ この金魚 前世はきっとメバルだったのだろうと納得したのだが 一体 何年背泳ぎ続けたら、ギネスに載るのだろうか
2010年4月23日
日本マスターズ大会 安城
29日の祭日に 写真の手作りTシャツを揃えて地元のスポーツクラブから短水路水泳大会に参加してきました。 Tシャツ作りの努力が報われたのかチーム内の 美女3人に応援されたおかげで ”だんさ〜ん、沈むな〜”って(笑) 練習では一度も完泳出来なかった100m個人メドレーも 完泳!! 又予備で申し込んでおいたバタフライ25mと2種目泳ぎきることができ、 個人メドレーはタッチミスで失格にはなりましたが、充実した一日を送ることが出来ました。 マスターズは高齢者の参加も多く 80歳でバタフライ100mにチャレンジしたご老人、最後の折り返しから 手が上がらず、泳法違反で失格になりましたが、時間をかけなんと泳ぎきりました。 応援しながら涙が止まりませんでした、あのチャレンジ精神を手本に 私はこれからも精進努力しようと思う一日でした。 、
2010年4月30日
ノースベイ
数年前 千葉の佐藤さんから譲り受けたウッドカヤック ノースベイが 福岡に嫁いで行くことになりました。 カヤックレースで使っても速い艇なのですが なかなか乗る機会も無く 惜しい気もするのですが手放すことにしました。 去年の手術以来 レースで乗る以外 海に出ることがあまりなくなりました。 仕事が忙しい訳でも無いのですが、どういう訳か時間があまりとれないようです。 夜な夜なの水泳がちょっと面白くなったのと、カッティングシート作りも楽しくなって そちらに時間を費やしているのがどうも原因のようです。 本当の原因は歳なのかも知れませんが・・・。(^^) 、
2009年12月15日
還暦
今年の9月に還暦を迎えたのだが、人間すんなりとは、厄を超えさせて貰えないものらしく3年ほど前に怪しいと言われた前立腺がいよいよ怪しくなり3月に検査入院、検査の結果は最悪であった。 手術後 一時は相当落ち込んだが、良くしたもので性格なのか誰でもそうなのかは不明だが、どうも時間の経過とともに悩みは薄れるものらしい。
無事還暦を迎えたその後 忘年会で仲間から寄せ書き付の金太郎さんの腹当てをプレゼントされた。 照れくさいのだが嬉しさは隠せず目に涙が滲むのは止められなかった。 いい友達に巡り合わせてくれたカヌーの神様に感謝である。
果たして諸先輩方のように神様は私を80近くまで遊ばしてくれるのであろうか、こればっかりは 祈るほか無いようである。  
2009年1月06日
初漕ぎ・切れたリーシュ
 元旦から さぁ初漕ぎと思ってはみたものの 西風が強く寒い。
昨日の大晦日には新舞子で漕ぎ納めをしてウエットも乾いてなさそうなので それを理由に初漕ぎは中止した。2日3日も天気は良いが相変わらず西風が強く寒そうで 中止、今年は曜日の切りがよくお休みは4日までである。
年越しで車に船を積んでいて4日の日も漕がないでは隣近所に腰ぬけ呼ばわりされそうで 男が立たない!(最近あまり立たないが…)
強迫観念に迫られ いよいよと窓ガラスの曇りを手で拭けば遥か彼方の煙突からの煙が 斜め上に上っているではないか、風が無いぞ。まだ9時 行かぬ手は無い、 ソクサクとTシャツGパンに着替えさぁ、ご近所さん見てくれとばかりサンダルで家を出るが そんな時は大方誰もそこらに居ないものである。
新舞子への到着まぎわ携帯を忘れて家を出た事にきずき、万が一を考え、ちょっと嫌な気分。 現場に着き着替えを始めるとライジャケが無い!これも積み忘れである、風もなく波も無いので 大丈夫と言い聞かせるのだが夏場と違い万が一沈したらとの思いも強く、また正月早々二つ重なると嫌な予感も、今日は湾内で岸すれすれを漕ごうかと言う気分になる。
11時過ぎ 久しぶりに乗るノードカップを下ろしスプレーカバーを着け水面に浮かぶ。 年に1〜2度しか乗らないがノードカップは本当に美しく乗っていて気分がすこぶる良い、ところがである、乗って間もなくこの頑丈なリーシュがぷつりと切れた。 特に無理をした訳でもなく、ひっぱった訳でもない、寒さで切れたという感じである。 もう7〜8年使っているから寿命かもしれない、紫外線で劣化していた処にこの寒さだ、 南無阿弥陀仏、リーシュよ永い間よく働いてくれたありがとうきっと大往生だったのだろう。
携帯を忘れ、ライジャケも着けず、やっぱりそんな時にリーシュは切れるのだ、災害は不幸が重なった時、不運が重なった時、起きる。気をつけよう初漕ぎで貴重な経験が又一つできたのだ、これは今年一年良い年になりそうな予感がする、そう私は今年 年男なのだ、還暦だ〜ぁ!
2009年1月03日
我が家のおせち
明けましておめでとうございます。 我が家のお正月は元旦の朝、お雑煮とちょっとしたおせちで迎える。 お雑煮は醤油の鰹だしで切り餅と小松菜(今年は小松菜を作らなかったのでホウレン草だった) の具。
おせちは出し巻き卵(魚金)、籠清のかまぼこ、田作り(自家製)、黒豆(丹後産、友人手作り)昆布巻き、キントン、数の子、小エビ(市販)など。
毎年 多少は違うが、まぁ、こんなところか。(年によっては蟹を買うか買わないかはあるが)
近年 子供が独立してからは正月らしい料理といえばこれ位のものである。 旅行以外 後はほとんど外食か、普段より簡単な食事で済ますようになってきた。 小学生の頃、正月に学校で紅白の饅頭をもらったような記憶があるが、定かな記憶ではない。
光陰矢の如し、今年は年男でもう還暦を迎える歳になってしまった。 こうなると
正月は冥土の旅への一里塚 めでたくもありめでたくも無し。
である。
2008年12月23日
桜彩 ROUSA 
11月16日4人目の孫が長女宅に生まれた、生まれて1カ月たったばかり、女の子で 桜彩(ろうさ)と読ませるという、女の孫は2人目であるがやはり男と違って妙に可愛い。1年以上体調の悪く自宅から出たがらない家内が桜彩を見るたびに回復していく、いや、見る為に回復していくと言ったほうが正解かもしれない。 2人目と書いたが1人目の女の子は難病で1年半前に3歳とちょっとで短い人生を閉じた、その後 家内はそれが原因で倒れたのだ。その後長女が身籠った時、家族のだれもが当然の如く女子が生まれると思ったらしい。もちろん私も家内も何の疑いも持たず当然の如く女子だと思ったのである。 最近では この桜彩の成長と共に家内の病気も回復するのであろうと 思うようになった。
2008年12月22日
クリスマスケーキ 
子供が独立してからクリスマスなど祝ったことが無かったが 何年かぶりにデコレーションケーキを買った。今日ケーキを引き取りに行ったので 食事の後、悪くならないうちにと2人でケーキを食べることに。 ちょっと早めのクリスマス。
2008年9月21日
お使いのご褒美 
毎年 この時期、富山県の親戚(親父の実家)まで家族で食べる1年分のお米を買出しに行きます。今年は5俵、(30`×10袋)結構な重さなのでワンボックスの車に積んで帰るのは結構疲れます。しかし年1回は実家の叔父さんと叔母さんに会える楽しみともうひとつ密かな楽しみがあります。 ご存知の通り富山県は魚が美味しい事で有名、実家から車で20分も走れば寒ブリで有名な氷見の町があり その町の”蛇の目寿司”ってお鮨屋さんに行くのがもうひとつの楽しみなのです。蛇の目寿司のご主人は地のネタ以外は使わず、したがって時期によってはネタが少ないことも有るのですが幸いこの時期はネタが結構多い、こだわりはネタはもちろんお米からしょう油、オシボリの温度までこだわっています。僕は今日も少しリッチな気分でのランチで、あれこれと頼み美味しいお鮨を堪能してきました。
2008年9月19日
ミニチュア K-1 K-2 
何年か前に石川県小松市で開催された世界ジュニアの会場で買ったもの、精巧な作りでレーシングシートまで作ってあります。 埃をかぶって棚に飾ってあったものを濡れテっシュできれいに拭き携帯のカメラで。 確か1艇\3,000-位ではなかったかと記憶していますが最近売った本物のK-1より高価だよなぁ〜って感心しながら撮りました
2008年9月09日
ワイルド・ウオーター艇
豊橋の川西さんの艇を無理言って頂きました、レーシングより少し乗りやすいので新舞子あたりで練習用に乗ります。 塗装も劣化してるので少し直してみようかと・・・・思うだけにならなければ良いのですが。(^^;
2008年9月05日
コドモバイル(ピンクの携帯)
基本料金が非常に安いのと通話料金が無料(同じ携帯会社どうし)なのでお仲間同士の通話にと買いました。 何度も懲りているのですが携帯2本持ち歩くのは大変不便です、でも買っちゃうのは学習能力の欠落か買い物依存症のどちらかです。
2008年8月27日
庭の蓮華
今年はスイレンの花が6月からよく咲いた、先週咲いたのが最後かと思ったら 又、水中より蕾がちょこっと、顔を出しました(鉢の中央)、もうすこし楽しましてくれそうです。 今日30日咲きました。
2008年8月21日
ウクレレ
ネットで購入し手元に届いてからかれこれ1ヶ月かな? 梱包を解いて説明書を読みチューニングまではしたが しかしなぜかその後はケースに収まったまま部屋の片隅で置物になっている。 何年か前に石垣島でサンシンを買った事があったがやっぱりチューニングで手を焼き そのまま1年か2年 部屋の片隅で置物になっていた事があった。。 埃を被ったサンシンは訪ねてきた 知恵ちゃん(嫁)の友達に見つかり「あ、いいものがあるね、頂戴!」で、持って行かれ サンシンとはその後 再会していない。 幸いにもウクレレはまだ知恵ちゃんの目に留まっていないし友達も訪ねてきていないので まだ、部屋でのんびりしていられそうだ。 昔、少年はギターに憧れていたのか、いなかったのかすっかり昔の事なので忘れたが 何故か弦楽器を見ると欲しくなってしまう、ウクレレも琵琶湖のレースで神戸のシンゴちゃんが楽しそうに練習しているのを見ているうちに欲しくなって買った。 来月になったら練習しようと思うのだが、あまりあてにはならない。
2008年7月29日
おっさんのモロカイチャレンジー2  下見   4月の内海での会話 ”團さん、モロカイいきませんか?イッチャンも参戦ですよ” 亀ちゃんが い つ も の 笑顔で誘ってきた、 亀ちゃんは僕が女性がらみなら必ず乗ってくるとおもっているらしく 誘うときは十中八九、女性を絡めてくる、よっぽど私が女好きと 勘違いしてるらしいが、まぁ、多少 当たってないことも無いので よっぽど虫の居所が悪くない限り 腹はたてないことにしている。 まだ、モロカイチャレンジと騒げるほどの実力もないが  いつかはモロカイへチャレンジしてみたいとの思いも有るのと奄美のパートナーでもあるItsuko嬢が参戦となれば応援に行かぬ訳には いかないだろうと亀ちゃんと会話が終わらないうちに自分の中では応援参加を即決していた。  さてさて、行くと決め親父としてはかっこよくイッチャンに連絡したものの、 はて、誰と行くか?小豆島とか長良川に参加するのとは訳が違うことにハタと気づく。 (気づくのに多少時間がかかるのは 老いのせいらしく、この歳ならどうも仕方がないらしい) 一人で行くハワイは寂しく、かといって参戦のItsuko嬢とは日程も違いどう考えても行動をともにすることは無理で、 仮に無理やり合わせてもItsuko嬢にとっては大いに迷惑であろうし 自分の事が精一杯、足手まといの末 カッ〜っとなってあの体力で足蹴りされてはたまったものではない、 歳とはいえ もうしばらくは生きていたいので頼みはしなかった。 1人では絶対行きたくないし、家族も無理、そこで 下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるで、あたり構わず?作戦にでる。 1人2人と断られ、3人目 一笑に伏されると思いきや、何と のびた君(小田君)が網に、いやいや誘いに好感触、 ここを逃さんのがおっさんのすごいところで早速にネット予約、間髪入れず日程表・請求明細をFAX、もう逃がしはしない。 かくして、モロカイ応援ツアーは成立したのであった。 (^−^) 
2008年7月7日
おっさんのモロカイチャレンジ −1 (宣言)

いつだったのか忘れたが、昔、むかし、確かOC−1ハリケーンを買った翌年だったか? 五ヵ所湾カヤックマラソンの前夜祭で”来年モロカイに挑戦しようと思います!”って 宣言して参加者より大きな拍手を貰ったことがある。 もちろんいい加減なおっさんの戯言で本人、翌年にはモロカイのモの字も忘れている。 チャレンジ後 聞いた話では ちょう〜ど、そんな頃なのだろう、Itsukoさんが”いつかモロカイ”と心に秘めたのは。 まだ2人が奄美でタンデムのペアを組む前、多少の面識がある程度の頃、 時期を同じくして 口からでまかせのおっさんの宣言と、彼女の秘めた決意が奇しくもモロカイだったのである。